前のページへもどります。


キトサン溶液「スーパーグリーン」


芝 根

キトサン溶液「スーパーグリーン」は芝の根を発達させます。



キトサン溶液の芝生への使用法


1回当たりの灌水量

  • 1m当たり キトサン溶液の原液10ccを1リットルの水で薄めて、これを芝生の上から1mあたり2リットル散水します。

○ 日本芝(高麗芝・ノシバ)および暖地型西洋芝

  • ○毎月1~2回、芝生の上からジョウロなどでキトサン溶液の100倍液を灌水します。

    そろそろ冬眠に入る頃の直前と、春になって芽吹く頃にもキトサン溶液を灌水してください。踏圧による根の損傷を防ぐことが出来ます。.
  • .
  • 降雪期には与えません。

○ 寒地型西洋芝(ケンタッキーブルーグラスなど)

  • ○年間を通じて 毎月1~2回、芝生の上からジョウロなどでキトサン溶液の100倍液を灌水します。

  • ○ 芝生にブラウンパッチ病・赤焼け病・ダラースポット・犬の足跡・春はげ症・葉腐病 ( ラージパッチ )・黄化症・さび病などの病気が出た場合には
    • .
    • 応急的処置としてキトサン溶液の200倍液を作り、これを1あたり4リットルを土へ散水(水やり)します。
    • .
    • 7日後にも同様にします。


ご使用上の注意点   


キトサン溶液の使用期限について
  • キトサン溶液の商品寿命は通常の室内では1年です。

    当店では生産直後のものを販売しています。



キトサン溶液はなるべく単独でご使用ください。
  • ○キトサン溶液に混合できないもの
  • .
  • アルカリ性のもの、化学合成品、農薬、微量要素、重金属類、カルシウム等。
  • .

  • ○液肥、ミネラル、酢、糖類、漢方はテストされてから

  • 少量のキトサン溶液の希釈液を作ります。この中にこれらを少量混合してみて、うまく混ざり合えば混合は可能。


キトサン溶液は肥料ではありません。肥料を別途与えてください。


肥料を減らしましょう。(-30%).
  • キトサン溶液で根が驚くほどにびっしりと出てきます。肥料を吸収する力がとても強くなります。
    肥料を減らしてください。